古代から健康に注目されていた

2000年超の歴史

インカ帝国の時代からアンデス高地で栽培されてきたアブラナ科の多年草植物のマカは、

高尚な食べ物として珍重されてきた経緯があります。

それはマカに含まれる成分が大きな滋養強壮効果をもたらすとされています。

現地の家畜と取引されるほど貴重なマカの健康への貢献度は高く、

かつてスペイン軍の連れてきた馬の健康回復にも使われたエピソードがあるほどです。

外貨資源獲得の最先端としてペルー政府では生マカの輸出を禁止しているほどで、

世界各国に輸出されるマカの成分を使った健康食品が、多くの方の健康促進、滋養強壮などに貢献しているのです。

日本ではサプリメントのみですが、安定的な需要を生み出しているのも、マカを摂取した方の健康促進度合いが著しいからとされています。

昨今では若年性更年期障害の改善の期待や、高脂質を抑制する効果があるのではないかという研究もなされるほど、

この時代には欠かせない健康食品として注目されているのです。

a0002_001146

現代にも通ずる

精力と健康は似て非なるものですが、どちらが欠けても健常とは言い難い。

その点マカはサプリメント形式で販売されるおおむねが男性向けの、精力回復、滋養強壮などを訴求していますが、

決して女性の健康に関与しないわけではありません。

総体的な健康を維持するためには現代生活のなかでマカの滋養強壮効果を補助的に取り入れるのは悪いことではありません。

とかく精力を謳う商品が多いなか健康と密接な関係がある限り、マカに期待する健康を否定はできないのです。

脈々と続くアンデスの力は、現代人にとって必須とも言える力強さを携えていて、女性にとっても最適な健康をもたらします。

研究結果で不妊にも効果がある?ともささやかれだしていますから、男女問わずマカの力を借りる健康生活を作り上げることが可能になるのです。

天然成分ですから副作用の懸念も少なく、安心できる健康管理には最適なサプリメントと言えるでしょう。

2000年以上前から健康を維持してきたアンデス人の根幹はまさに、マカ、ということになるのでしょう。